着物豆知識

小物の色合わせのコツ

帯揚げ、帯締め、伊達衿……きものに合わせる小物、いつも迷ってしまいませんか?また、お店で小物を買う時にも迷ってしまいます。でも、いくつかのパターンを覚えてしまえば大丈夫!「センスに自信がない」「着こなしがいつも何だか垢抜けない」という方、お手持ちのきものにどんな小物を合わせればよいか、一度見直してみましょう!

PATTERN 1

同系色で合わせる

代表的な合わせ方が「きものの柄の中から一色拾う」というもの。小物すべてを統一するのではなく、1つ(特に帯揚げ)はきものと帯をなじませるような中間色にするとよいでしょう。

PATTERN 2

反対色(補色)で合わせる

きものや帯とは反対色の小物を合わせると、若々しく、引き締まった印象になります。こちらも小物すべてを反対色にするのではなく、1点か2点にとどめましょう。

PATTERN 3

トーンを統一する

色調や明るさを合わせることで、シンプルかつまとまりのある着こなしになります。ただ地味になってしまいがちなので、どれか1色目立たせてアクセントにするとよいでしょう。

配色の原理を少しだけ勉強してみましょう!

異なる色でも「トーン」を合わせると、しっくりくる着こなしができます。色合わせで迷ったとき、覚えておくと便利ですよ。

美術の時間など見かける、上図のような「色相環」。ある色に対して、隣にある色が同系色、反対側にある色を反対色となります。特に正反対にある1色は補色といって、互いの色を強調する効果がある組み合わせです。

着物豆知識