着物豆知識

夏きものを少しでも涼しく

暑さや汗を気にして、夏のきものを敬遠していませんか?昔の人がクーラーもなかった時代にきものを着ていたように、しっかり対策すればそんなに暑いものではありません。夏きものを涼しく過ごす工夫はいろいろ。一番心地よい組み合わせを見つけましょう。

薄物 絹透ける洗えない

きものや帯に汗が移らないよう、汗取りをしっかりと。
本麻の長襦袢は長く使えるのでおすすめ!

美容汗取り襦袢/装いの道

美容汗取り襦袢/装いの道

汗取りパッドが汗を吸って大切なきものを汗ジミから守る、絹を着る時の必需品。一年通して使えます。

本麻長襦袢

本麻長襦袢

透けるきものには本麻の長襦袢がおすすめ。汗をかいてもご家庭で洗えるので、一枚あると重宝します。

縮など 麻・綿透けない洗える

カジュアルな透けないきものの時は、思い切って長襦袢を省いても。ステテコやスリップなど、便利な商品を組み合わせて。

美容半襦袢/装いの道

美容半襦袢/装いの道

下着と襦袢がひとつになった半襦袢。「美容衿」を付けることで、この上に直接きものが着られます。

すててこ【ストレート】/装いの道

すててこ【ストレート】/装いの道

ムレを防いで、足さばきをスムーズにするにはすててこが便利。浴衣の時にもおすすめです。

着物豆知識