着物豆知識

美しい衿もとの作り方

着付けの時点で衿合わせが決まらなかったり、衣紋が着ているうちに詰まってきたり。
着付けの悩みで最も多いのは、衿まわりの悩みではないでしょうか?今回は衿もとをピタリと決めるコツについてお答えします。

衿が浮く!

好みのかたさの衿芯を見つけて! 肩

まず、衿芯が硬いことが考えられます。プラスチックの衿芯を使っている人は、三河芯を使ってみては?少し厚めの紙をタテに四つ折りして衿芯にしている方もいます。

胸元がパッカリ開く!

苦しくならないよう太めの紐を使いましょう 胸

衿が胸に沿っていないので、ますは胸の補正をしましょう。細い方は特に衿が浮きやすくなります。胸の大きい人は胸紐を結ぶ位置を胸の下ではなく、トップで結んでみましょう。

衣紋が詰まる!

ベルトの留め位置は平行ですか? 腰

コーリンベルトがきつすぎるのかもしれません。たるみが出るくらいゆるめにして、あばらを避けて、ウエストに近い位置で留めてみましょう。また、衣紋抜きを使ってみるのも手です。

ご自身の体型に合わせて、工夫ポイントを覚えておきましょう。

衿元の悩みは胸の大きさ、きもののサイズ、姿勢や所作まで原因は実にさまざま。これをカバーできるのが着付けテクニックです。着付け教室では一人ひとりの悩みに対応して教えてくれますので、自分なりのポイントを覚えておきましょう。

着物豆知識