着物豆知識

自分に似合う色をご存じですか

おしゃれ上手とは、自分自身をよく知り、何が似合うのかよく分かっている人のこと。自分の個性と似合う色を知ることで、きもの選びがもっと楽しくなるはずです。

パーソナルカラーを知りましょう

この色の服を着ると老けて見える、なんとなく好きでこればかり着ている、という服はありませんか?きっとそれはあなたに似合う色と似合わない色があるからです。人にはそれぞれ顔立ちや個性があり、それに対して調和する色もあります。これをパーソナルカラーといい、知っておくととても便利。きものだけでなく、洋服選びもとても上手になるのです。
自分のパーソナルカラーを知るには、髪、瞳、お肌、唇の色を材料とします。自信がない人は、お友達などに聞いて、客観的に判断してもらうといいでしょう。

顔映りがよく見える色を

きものは一枚の布が占める面積が大きく平面的なため、色づかいが着こなしの印象を大きく左右します。似合うきものとは、「着る人の顔映りがよく見える」きもののこと。特に半衿や伊達衿、長着(羽織や長襦袢以外のきもの)など、帯から上の着物の色は顔まわりにとても影響を与えます。顔色を美しく、健康的に見えるものを選ぶようにしましょう。

春の季節に似合う色
イエローベースの明るい肌色。
瞳や唇はソフトで明るい色味。
夏の季節に似合う色
ブルーベースの柔らかい肌色。
瞳はソフトなブラウン、髪は柔らかくくすんだ色味。
秋の季節に似合う色
イエローベースのくすんだ肌色。
髪や瞳はマット感のある深い色味。
冬の季節に似合う色
ブルーベースの鮮やかな肌色。
髪や瞳はマットでハッキリした印象。

パーソナルカラーを意識するだけで
こんなに変わるんです!

お顔まわりがスッキリ!お肌がきれいに! なんだかあか抜けて見えないわ…

右のイラストはオータムの人がウィンターの人に似合うきものを着た例。左はきちんと似合う色づかいをチョイスした例です。イラストなので分かりにくいかもしれませんが、実物で見ると印象はとても変わります。

着物豆知識