その他おすすめコーディネート

第1回

型染めきもの着こなしレッスン。型染めきもの着こなしレッスン

カジュアルなパーティーやお出かけ向きの小紋のコーディネートをご紹介します。昔の型紙を復刻して染めた「古典型」と、現代の職人がデザインした「現代型」があります。

着こなしの幅が広がる
色無地感覚の小紋

白抜きの牡丹柄にやさしい撫子色で染め上げたエレガントな小紋。茶系の帯を合わせて大人っぽい装いに。大柄なので地味に見えず、帯合わせがしやすい便利な一枚です。

色無地感覚の小紋

半幅帯を合わせると
カジュアルな装いに

大柄の花模様を染め、その上から鹿の子文様を染め抜いた伝統とモダンが共存する一枚。リバーシブルの半幅帯を合わせて活動的なコーディネートに。着こなしの幅が広いのも型染め小紋の魅力です。

伝統とモダンが共存する一枚

エレガントの中に粋を感じる
大人のコーディネート

「紗摺り」という技法で染め上げた小紋。型紙の上に紗を一枚貼ることで、やさしい染め上がりになります。帯は柄を入れた芯が透けて見えるという凝ったもの。黒が全体を引き締めて粋な雰囲気に。

エレガントで、黒が全体を引き締めて粋な雰囲気のある小紋

江戸の粋をモダンに着こなす

歌舞伎役者の千社札柄。すっきりとした飛び柄ですが多色使いなので存在感があります。ぜんまいの糸を織り込んだ帯を合わせた、通好みの粋なコーディネートです。

多色使いで、モダンな小紋

松竹梅の江戸小紋は
一枚目のしゃれ小紋に

「松竹梅」の文字が無数に並んだ錐彫りの江戸小紋。縁起が良いのでお正月やお祝いのパーティーにもぴったり。歌舞伎役者の名古屋帯を締めて、お芝居に行くのも素敵です。

松竹梅の文字が無数に並んだ錐彫りの江戸小紋

エキゾチックな柄と
渋さが魅力の江戸更紗

インドの技法に源を発し、異国情緒が魅力の江戸更紗。糸車の中に細かな柄が入った多色使いのきものです。淡く色をぼかしたシンプルな帯で、落ち着いた大人の雰囲気にコーディネート。

淡く色をぼかしたシンプルな帯

同じ型紙から染めた
きものと帯のコーディネート

よく見ると、実はきものも帯も同じ型から染め出したもの。素材や配色の違いによってここまで異なります。あえて同じ柄同士を合わせることでお誂え染めしたような印象に。

同じ柄同士の帯ときもので、お誂え染めしたような印象

多色使いでシックな色目には
白い帯であっさりと

源氏香の中に細かな柄が入った、一見パッチワークのようにも見える江戸更紗。ヨーロピアンな香りのする白い帯を合わせて、落ち着きがありながらも華やかなコーディネートに。

多色使いでシックなきものに、白い帯のコーディネート

その他おすすめコーディネート

着物コーディネートへ